計画的な利用がキャッシングのカギ

お金をまとめて借りることが出来て、返済は少しづつで良いというキャッシングは
非常に便利なものですね。

しかし、毎月の返済額は借りる額が大きくなればなるほど
比例して大きくなっていくのです。

最初はこれくらいなら返せると思うのです。そしてもう少し返済額が増えても大丈夫と
思うようになり、結果としてさらにキャッシングしてしまう事になるのです。

多くの方がこのパターンを辿ります。
私の場合も同じようなものでした。毎月の返済額が5000円から始まりまして、
これなら余裕と甘く考えてしまったのです。

途中で仕事を辞めた事もあってさらにまとめてキャッシングしてしまい、
気がつくと返済額は20000円を超えていました。

私はここで反省してなるべくキャッシングを控えるようになりましたので、
少しづつ元本が減って毎月の支払額は7500円になっています。

この事態を避けるには、キャッシングはあくまで緊急用として使用するのが良いでしょう。
そして使用した場合にはこれ以上は絶対借りないという強い意思が必要です。

生活していく上で強い味方になってくれるキャッシング。
上手に利用すればこれほど心強いものはありません。

自分の収入を考えて返せる範囲で計画的に利用しましょう。

今すぐにお金が必要な方に朗報!今すぐお金が必要な方は即日キャッシング

カテゴリー: 計画的な利用がキャッシングのカギ | コメントをどうぞ

総量規制とは

カードローンを利用するうえで知っておきたい知識として、総量規制があります。総量規制は、カードローンやキャッシングを利用するときに必ず関わってくるものですから、よく理解しておく必要があります。

総量規制とは、2010年6月18日に完全施行された改正賃金業法に導入されたものです。これにより、年収の1/3以上の借入ができなくなりました。融資を受けられる金額は、年収の1/3までということになったのです。

総量規制の対象となるのは、消費者金融、信販会社、クレジット会社、事業者金融会社などの貸金業者といわれる業者からの借入です。(消費者金融は即日融資が可能です!急いでる人はココ

カードローンを扱っているのは、消費者金融や信販会社、クレジット会社などが多いですから、カードローンを利用したい人は総量規制を考えておく必要があります。

もし、既にどこかのカードローンで融資がある人は、新しく別の金融業者にカードローンを申し込む場合は、年収の1/3の金額から既に融資を受けている額をマイナスした額までしか、融資は受けられないということになります。

カードローンを申し込む際には融資額を申告しなければなりませんが、総量規制を気にして虚偽の申告をしても、信用情報機関の情報によって必ずバレてしまいますので、総量規制はしっかりと認識しておかなければならない重要なことです。

ただし、銀行からの借入は総量規制の対象外となっています。既に消費者金融などから借入があっても、銀行のカードローンや目的別ローンなら総量規制の対象外ですから、年収の1/3以上の借入も可能です。

総量規制の対象外となる融資は、銀行本体からの借入、つまり○○銀行のカードローンや不動産ローン、マイカーローンなどのことで、銀行系のアコムやプロミスなどといった会社のカードローンは総量規制の対象外ではありません。銀行系といわれる銀行がバックに付いている消費者金融もありますので、注意が必要です。

総量規制の対象外となる銀行のカードローンはメリットが大きく魅力なのですが、銀行からの借入は審査も厳しく簡単に利用することができません。

今すぐキャッシングを利用したい方はこちらが参考になりますよ!⇒今すぐキャッシングしたい場合

カテゴリー: 総量規制とは | コメントをどうぞ